レモンケーキ

なぜこのタイミングでリニューアルしたのか?

職人の技術向上のために、広島で開催された菓子博覧会に参加した際に、瀬戸内産のレモンを使用したレモンケーキを作りました。そのレモンケーキの反響がとても大きく、商品化を希望する声が多かったのです。以前のレモンケーキも33年間も販売したロングセラー商品で根強い人気がありましたが、菓子博覧会の反響を機にリニューアルに踏み切りました。

商品開発する上で苦労したところ・こだわりぬいたポイント

まずはリニューアルするにあたって以前のレモンケーキも33年間親しまれてきたロングセラー商品であり、それを超える物を作らないといけないという使命は非常にハードルが高くありました。
原材料に関しては瀬戸内産のレモンを使用する事だけは決定してましたがその他の原材料は一からの厳選でした。瀬戸内の気候は良いレモンを栽培するための条件がととのっており、食べた時にレモンの皮の食感がわかる様にピールのサイズにまでこだわった瀬戸内産レモンを使用しています。
小麦粉は納得いく生地の調整のため何度も変更し、バターはメインであるレモンの風味を消さない様に何種類もの中から最適な物を厳選しました。
材料や配合、生地の立て方などが少し代わるだけで焼き上がりが大きく左右されます。グラスアローもレモンと砂糖の割合を間違うと、特徴である酸味が損なわれます。素材本来の味を生かす為の配合と製造工程を何度も何度も繰り返し、4年の歳月をかけようやく完成しました。

お客様の声

・「甘みと酸味のバランスが良く上品な味。あまりにおいしくて食べ終わらないうちに注文しました。」
・「レモンピールと砂糖掛けが効いています。」
・「レモンピールが沢山入っていて 甘さの中に爽やかさもあって とても美味しく頂きました。又、購入したくなる商品です。」

全2件中 2件表示

並び替え:
価格の低い順
価格の高い順
おすすめ順
新着順
  • 1